« 「スタジオジブリ・レイアウト展」 | トップページ | 現代アート »

2008/09/25

音楽座ミュージカル「マドモアゼル・モーツァルト」

が12年ぶりに帰ってくるということで、詳しくは下のリンク先へ。

音楽座ミュージカル
「マドモアゼル・モーツァルト」

12.18(THU)~12.28(SUN) 東京芸術劇場中ホール
2009.1.31(FRI)、2.1(SAT) グリーンホール相模大野
2009.3.6(FRI)、3,7(SAT) 兵庫県立芸術文化センター中ホール

だそうです。

|

« 「スタジオジブリ・レイアウト展」 | トップページ | 現代アート »

インフォメーション」カテゴリの記事

コメント

>東京まで見に行こうかと考えてます。

恐縮です。

>学生の団体鑑賞が入るというのは、先生が教えている専門学校かしら?

音楽座には僕の教えている専門学校から二人入団しているというお話を聞きましたから、その可能性はありですね。ただし、その二人はウチの卒業生ではなくて、別のグループ校の卒業生かもしれません。

もっとも、東京芸術劇場の中ホールは800席以上あるので、どこかの学校の丸ごと貸し切りの可能性もありますね。

投稿: ヨジラ | 2008/10/03 21:43

お久しぶりです。

マドモアゼル・モーツァルトの再演、うれしいですね。

年末なので、仕事との調整次第ですが、張り切って、東京まで見に行こうかと考えてます。

東京初日の14時公演、学生の団体鑑賞が入るというのは、先生が教えている専門学校かしら?

投稿: ゆか | 2008/10/02 23:24

>ユリイカ

後日伝ですね。
あれを描いたら、「モーニング」の担当さんに怒られました。「えっ? (連載は終わってるし)ダメなんですか?」と言ったら、「ダメなんです」と。

今はもう昔の話。

投稿: ヨジラ | 2008/10/02 22:17

>何度もすみません

はい、きたです。すみません。
名前を書き忘れていました。

音楽座さんは確かにロマンチストですね。
今回の再演とかでは演出とかも多少変わっているのかな。
冬に観に行って見ます。

そういえば原作の番外編みたいなのも読みました。
ユリイカのモーツァルト特集に載っていた、
あれが本編と一緒になっていないのは残念ですね。
面白かったのに勿体無いです。

投稿: きた | 2008/10/01 22:50

>ウチの学生も僕を誰だか知らないから。(笑)

爆笑。

投稿: パウ | 2008/09/30 15:05

きたさん?

何度でもどうぞ。全然かまいません。

>ミュージカル版は恋愛要素が強くてえらいロマンチックだったのにびっくりした覚えが。

すいません、僕はリアリストですが(更にシュールも入ってます)、音楽座さんはロマンチストなのでしょう、たぶん。特にトップもプロデューサーも女性だし、ミュージカルの観客の比率も女性優位なので、恋愛要素を強くしているということはあるかと思います。

>やっぱり原作が好きです。

おおお、ありがとうございます~。

投稿: ヨジラ | 2008/09/30 14:00

何度もすみません。
私は逆に数年前モーツァルト関係の文献をいろいろ探していたら
福山さんの原作を見つけてそれから他の作品も読むようになったのですがマドモアゼル・モーツァルトはミュージカルにもなっているというので音楽座を観に行き、それがきっかけでミュージカルも観に行くようになりました。
ミュージカル版は恋愛要素が強くてえらいロマンチックだったのにびっくりした覚えが。モーツァルトが可愛らしかったです。
それはそれで面白かったですがでもやっぱり原作が好きです。
ポスターも楽しみにしています。

投稿: | 2008/09/30 12:57

音楽座ミュージカルは人気ありますね~。

>連載当時からは何年も経っている訳で

かれこれ18~9年前。ウチの学生だと、丁度生まれる頃に描いていた作品ということになりますね。

音楽座サイトの惹句に『「マドモアゼル・モーツァルト」が12年ぶりに帰ってくる』とありますから、解散公演のときに小学生だった人だと今18歳~20歳代前半。自分で働いて得たお金でミュージカルなどの舞台を楽しめるようになる年齢ですかね。どっちにしても、原作の存在なんて知らないんだろうなぁ。ウチの学生も僕を誰だか知らないから。(笑)

投稿: ヨジラ | 2008/09/29 13:36

以前一度コメントさせて頂いた者です。
私も昨日音楽座の千秋楽公演に行きチラシを見つけて
久しぶりのモーツァルト&エリーザのイラストに大喜びしました。
以前も同公演パンフにイラストを描き下ろされてましたが
連載当時からは何年も経っている訳で
昔の作品キャラクターを今の福山さんの描くというのが
また新鮮で昔の良さと今の良さ、両方を感じれて良かったです。


投稿: きた | 2008/09/29 11:45

あ、そうでしたか。早いですね。

自分の絵は自分では恥ずかしくてあんまり見たくないものなんですが、自分以外の人にはどういうふうに見えるのか、永遠にわからないものの一つですね。

ポスターのほうもラフの締め切りが近づいているので、早く着手せねばと思っています。(確か来月7日に行われる稽古の初見の時に、ラフを公開するとか)

投稿: ヨジラ | 2008/09/28 19:45

今日が千秋楽の音楽座の公演(七つの人形の恋物語)、
昨日観に行きましたら、パンフレットに綺麗なイラストが挟まっていましたヽ(´▽`)/ラッキー!

B5位の大きさのトランプのQとK・・エリーザとモーツァルトnote
裏面に、「マドモアゼル モーツァルト」の公演のお知らせが。
赤坂でも観たのですが(七つの…)その時はまだ配られていませんでした。
ポスターも楽しみにしております。

投稿: nano | 2008/09/28 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「スタジオジブリ・レイアウト展」 | トップページ | 現代アート »