« またまた検索ロボットが | トップページ | 実生のシュロ »

2008/10/11

ヘンリー8世

TVを見るともなしに見ていたら、ヘンリー8世がクイズ番組の主題になっていた。ヘンリー8世といえばエリザベス1世の父親だが、僕的にはHerman's Hermitsの「I'm a Henry the Eighth I Am」をすぐに思い出す。アホみたいな声をしたヴォーカルだが、この声が当時イギリスでバカみたいに売れた。日本でもそこそこ売れた。たぶん、ビルボードでもトップクラスだったという記憶があるので、アメリカでも売れたはずだ。「I'm into somthing good」(懐メロヴァージョン)とか「Mrs.Brown you've got a lovely daughter」とか、カーペンターズがカヴァーしていた「There's a kind of hush」とか。(すべてカラオケにもあります)。

|

« またまた検索ロボットが | トップページ | 実生のシュロ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

>国民には慕われていたのか。

この「ヘンリー八世くん」の歌をyoutubeで探すと、パロディやら替え歌の数がすごいんですよ。最近のだとヒラリー・クリントンのとか。ってことは、ビミョーですけどある意味すごく“愛されて”いるんでしょうね。

投稿: ヨジラ | 2008/10/13 10:12

土曜日の、「世界不思議発見」は私も見ました。

昔日曜洋画劇場でみた「1000日のアン」だったか、ではヘンリー8世は女狂いの王様みたいだった気がしていたが。ま、やってることはそういえなくもないか・・・

国民には慕われていたのか。


投稿: 花子 | 2008/10/12 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた検索ロボットが | トップページ | 実生のシュロ »