« ホラ貝を食べた | トップページ | 二度目の車検終了 »

2009/08/28

その城ヶ島だが

訪れたのは、今回がたぶん二度目である。
僕の記憶が正しいとすれば、前回は高校の修学旅行であった。城ヶ島特有のあの岩場に立った記憶があるし(※1)、バスでの移動中、ガイドさんが葉山を通り過ぎる時に、当時「君といつまでも」という歌で国民的人気を誇っていた「若大将こと加山雄三さんのお家があります」ってなことを言ったのを覚えているので間違いないだろう。ということは、遙かン十年前である。

九州の高校生が大挙して(※2)、なぜ城ヶ島まで足を伸ばしたのかは僕にはわからない。ただ、城ヶ島といえば「城ヶ島の雨」を詠った北原白秋であり、彼は九州は柳川(つまり近隣)の出身である。更に彼の記念館やら記念碑もある。同郷とも言える偉人の名跡を辿ることは、教育の一環である修学旅行の大義名分に十分すぎるほど叶っているといえる。もしかしたら、そんなような意図があったと考えられる。

(※1)岩場の突端に灯台があったので、城ヶ島公園のほうだと思われる。
(※2)
全部で10クラスだから、およそ500人ほどの大集団

行ったのは城ヶ島だけではない。なんと富士山の五合目にも行き、河口湖湖畔のホテルに宿泊している。静岳ホテルというホテルで、上のほうの部屋へ行くのに、ものすごい急な階段を登ったのを覚えている。

なぜ河口湖なのかは更に不明だが、もしかしたら富士山を見ることなど一生ないかもしれない九州の学生に、生涯の思い出として一度は見せてあげようということなのかもしれない。
他には定番・奈良京都はもちろん、大阪、東京、更には日光、鎌倉と、まるでこの世との別れを惜しむかのような盛り沢山ぶりである。

当時は既に新幹線が走っていたが、移動は修学旅行専用の夜行列車で、空いている深夜の在来線をたっぷり時間を掛けて走った。当然ながら車中泊になる。九州~大阪、京都~東京間がそうだ。

宿泊場所で覚えているのは、京都タワーホテルと、東京の本郷館(だったかな?)、それと上述の静岳ホテルだから、全部で6泊7日の旅だったようだ。
記憶を頼りに日程を推理すれば、こうなる。(間違っている可能性が高いが)

1日目--大阪への移動のみ。車中泊。
2日目--大阪、奈良を見物。京都泊。
3日目--京都見物。東京へ移動。車中泊。
4日目--日光見物。東京泊。
5日目--鎌倉、城ヶ島。河口湖泊。
6日目--富士山五合目。九州への移動。車中泊
7日目--帰着。

覚えている観光スポットは、

大阪--大阪城
奈良--東大寺、薬師寺、唐招提寺、延暦寺
京都--平安神宮、清水寺、金閣寺
日光--東照宮
東京--皇居前広場、明治神宮、バスであちこち一周
鎌倉--鶴岡八幡宮、大仏

ってなところか。
ホテル三泊、車中三泊、若いとはいえ、かなり疲れる強行日程であった。

|

« ホラ貝を食べた | トップページ | 二度目の車検終了 »

旅行&遠出」カテゴリの記事

コメント

>旅行費用

いくらくらい掛かったんでしょうね。全然覚えてないけど、積み立ててはいたような気はします。茶封筒で。

ただ、超~団体割引だし、夜行列車といっても、ブルートレインでは当然なくて三等列車だし(背もたれが垂直に立った座席で寝るか、床に寝るか、まぁTVドラマなんかでよく見る戦後の買い出し列車のような案配ですね)、ホテルの食事は、エサに近いし、相当安い旅行だとは思います。

僕の学年下かもっと下あたりから、夜行列車ではなくて、新幹線になったようですが。

投稿: ヨジラ | 2009/08/30 13:33

強行軍ですねえ。大人になると、引率の先生の体力が心配になりますね。昔の人のほうが、頑健だったようなきもするけど。
あと、修学旅行費用も馬鹿にならなかったでしょうね。やっぱり大人目線の心配ですな。
うちの学校は、(千葉県立)奈良京都3泊4日ぐらいだったかな。三十三間堂と、清水寺、新京極と奈良公園ぐらいしか覚えてないな。

2年間毎月3500円くらい積み立てていた覚えがあります。修学旅行後の、毎月の学費が2500円だったな。

投稿: 花子 | 2009/08/29 11:34

昔のことはよく覚えているもんです。

>「自主性の涵養」

それが、あの「ゆとり教育」に結実?(笑)
まぁ、僕の時代は何はともあれ、制限制限一辺倒の時代でしたね。つるさんとこの「自主性」がちょっと羨ましいです。

が、僕は制限を破り、無化していくことの好きな生徒でありました。地味にでしたが、着実に「自主性」の範囲を拡張していったという自負があります。

その甲斐あって、我が母校は最後は荒れに荒れて(←という噂)、統廃合されて消えてしまいましたが。(笑)

投稿: ヨジラ | 2009/08/29 11:33

いやいや、修学旅行スレッドとは思いませんでしたねーっ!
地の果て九州から東進しての観光三昧。たいした大盤振る舞いに見えます。
対しての、地の果て蝦夷地から西進しての修学旅行は、東京二泊の京都三泊でしたか。
「自主性の涵養」なのかなんなのか、全て自分たちでスケジュールを組まされましたので、あたくしたちのグループは東京では神田古書店巡りに、京都・奈良では南北朝縁の神社仏閣巡りに明け暮れていたような・・・。いや、地味ですねー・・・ (^_^;)。

投稿: つる | 2009/08/28 22:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホラ貝を食べた | トップページ | 二度目の車検終了 »