« 太陽光発電セールスとの対話 | トップページ | 脱亜入欧グネ子伝説 »

2013/02/21

物欲はマンドリンにも及ぶ

最近の物欲対象は、GibsonF5タイプのフラットマンドリン。

マンドリンといえば、多くの人が底が丸いボール型の楽器を思い浮かべると思うが、フラットマンドリンは、文字通り底がフラットで、Fタイプは丸い穴の代わりにヴァイオリンのような「f」の形をしたホールが開いている。さらに…………いや、百の説明するより写真を見ていただくほうが一目瞭然だ。 →検索画像

本物のGibsonだと、ギター以上に値段が高い。新品も高いが、ヴィンテージだともっと高い。タマ自体が少ないのだろう。当然、僕には買えないし、買う気もないし、買う必要も必然性もない。僕はいろんな楽器を出来れば手元に置いて、いつでも触れる状態にしておきたいだけの単なる物好きでしかなく、コレクターでも投資家でもなければ、ましてやプロ・ミュージシャンでもない。というか、ほど遠い。こうした楽器は、持つべき人が持つべきであり、楽器としても幸せというものだ。僕のような人間に買われても、そのポテンシャルが生かされる機会はほとんどなく、死蔵に近い運命を送ることになる。ひと言で言えば、もったいない。

とはいえ、お金が潤沢にあれば買ってしまうかもしれないと思うところが、物欲の哀しさである。それって成金じゃないか。だが、幸いにして金がないから、本物のGibsonを買うことはない。これだけ長年ギターを引き続けているのに、本物のLesPaulだって買ったことがないのだから。ましてや、生涯を壁のフックにぶら下がったまま過ごしそうなマンドリン。ブルーグラスをやるわけでもなし、宅録やるにしても滅多に使わないだろう。だったら、一定程度の性能を持ったイミテーションで十分である。

そこで、そのイミテーションを探すのだが(それが至福の時間でもある)、EpiphonやらARIAなどの安価モデルメーカーのは5万円前後。日本製のものもある。合板を使ったものは外し、一枚板のものだけを残していく。The Loar とか、イーストマン製が7万円前後。このあたりが、楽器として一応使えそうな入門&普及価格帯か。その上は10万円を軽く超えてきて、更に上は青天井だが、14~5万円くらいだと、たぶん業務用としても使えるかも。

それにしても、美しい楽器である。

同じフラットマンドリンでも、Aタイプというのもある。ボール型のマンドリンをフラットにしたような形のもので、作りが簡単なせいか、こちらはずっとお安い。GodinやOvationなど、同メーカー製ギターと同じ形をしたエレキ・マンドリンもあって、それはそれで可愛くて、成金だったら全部買ってしまうんだろうなぁ。人生、たまには、はしたないヤツだと顰蹙を買ってみたいもんではある。

|

« 太陽光発電セールスとの対話 | トップページ | 脱亜入欧グネ子伝説 »

物欲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 太陽光発電セールスとの対話 | トップページ | 脱亜入欧グネ子伝説 »